> > 消費者金融の借金はそのままにしない!返済困難なら自己破産で整理!

消費者金融の借金はそのままにしない!返済困難なら自己破産で整理!

お金が必要になり消費者金融で借入をするなら、何らかの理由で返済することが不可能になるリスクもあります。そんなときの対処法ですが、知らない人もいるのではないでしょうか。

どうしていいのか分からず、消費者金融での借入をそのまま返済せずに放置するという考えもありますが、それはよくありません。「自己破産」という、返済が不可能になったときの対処法があります。

借入した借金をそのままにしておくと良い事はないので、返済が不可能になったときの為に「自己破産」について知っておきましょう。

返済不可能になったときの為に!消費者金融などにおける自己破産とは

自己破産は簡単に言ってしまうと、返済が不可能になってしまった時に借金の返済が不要となる手続きの事です。

消費者金融などで借入をしていると、何らかの理由で返済が不可能になる可能性は誰しもあるので、そんな場合は自己破産の手続きの検討をしましょう。

自己破産ですが、手続きをした後すぐに借金の返済が不要になるわけではなく少し時間がかかります。その間に返済日が来ると返済をしなくてはいけないので、自己破産手続きをするなら返済日が来る前に、時間に余裕を持たせて手続きをする方が良いです。

ちなみに自己破産もすぐに認められることはなく、時間がかかります。自己破産が認められるまで最短で3か月と言われていますが、半年から1年と言われていることも多いです。自己破産には時間がかかるということも覚えておきましょう。

自己破産中に消費者金融で借入をすることはできるのか

お金が必要になるのは突然なので、自己破産手続き中に消費者金融で借入しなくてはならない場合もあります。こんな時でも借入したい!と考える人もいると思いますが、カードが使えなくなっているので新たな借入はできないといえます。

複数の消費者金融と契約しているなら、使っていないカードなら借入できるのでは?と考える人もいるかもしれませんが、それも基本的にはできないと思っておいた方がよいでしょう。

自己破産手続き中の借入はできないので、その間にお金が必要になったならば、身内とかに相談してお金を借りられないか聞いてみましょう。

何らかの不手際で自己破産手続き中に消費者金融で借入ができてしまうという可能性もゼロではありません。お金が必要な人には好都合だ!と思うかもしれませんが、あまり良い事だとはいえません。

場合によっては自己破産手続きに影響を与え、悪い方に影響を与えてしまいます。自己破産手続き中に余計な借入をしてしまい、自己破産が認められなくなるということも考えられます。

万が一手続き中にカードが使える状態でも、新たな借金は増やさない方が無難であるといえます。

自己破産をするとメリットもあれば、デメリットもある!

自己破産は借金の返済が不要になるので良い事に思えるかもしれませんが、それだけではありません。メリットももちろんありますが、デメリットもあるので自己破産手続きをする前に知っておきましょう。

まずメリットですが、借金返済が不要になるほか以下の2つがあります。

  • 債権者からの取り立て、いやがらせなど
  • ある程度の財産を残せる

消費者金融などで借入をすると、借金返済の取り立てが厳しいというイメージがあるかもしれませんが、自己破産手続きをすれば、取り立ては基本的にはありません。手続き中の取り立てとか、いやがらせといったことは禁止されているので、心配する必要はありません。

ある程度の財産というのは現金ならば99万円以下までならOKで預金なら20万円までOKとされています。残す財産については、弁護士と相談して何を残すのか決めるとよいでしょう。

デメリットですが、3つあります。

  • 借入ができなくなる
  • 官報に住所氏名が登録される
  • 一部職に就けなくなる

自己破産が認められると、それ以降の借入はできなくなってしまいます。

5年から10年は借入することができなくなってしまうので、それまでに消費者金融での借入が必要ない生活環境を整えておく必要があります。

官報っていうのは国の広報誌です。媒体は紙とインターネットで、インターネットは1月以内の記事なら無料で見ることができます。普段から官報を読んでいる人が知り合いとか周りにいると、自己破産したことは知られてしまう事となります。

自己破産してしまうと官報への公開を防ぐことはできないので覚えておきましょう。最後に一部職業というのは、例えば警備員とか士業です。他には弁護士とか公認会計士、建築士などに就けなくなってしまいます。

このように自己破産をすると、デメリットも大きいので手続きをする場合はよく考えてから行うようにして、後で後悔しないようにしましょう。

消費者金融の利用状況によっては自己破産が認められないことも

消費者金融で借入したお金は基本的に用途自由なので、使い道な何でもOKです。そのためギャンブルに使うこともできるわけですが、借金の原因がギャンブルだと自己破産手続きをしても認められません。

ギャンブルが趣味だという人は多いと思うので、消費者金融で借入をしたお金をギャンブルで浪費することは避けた方が良いといえます。

たとえギャンブルの為に借入をしていて、返済ができているという場合でも、他にお金が必要になることも考えられ、その時ギャンブルの浪費が原因で返済できないなんてことになる可能性もあります。ギャンブル関連にお金を使う場合はよく考えてから利用しましょう。

他にも自己破産をすると自分の財産がなくなってしまう訳ですが、その時に財産を隠せばいいのでは?と考える人もいるのではないでしょうか。確かに財産は隠すことができると思いますが、それは一時的で、いつかばれてしまいますし、隠すと自己破産が認められません。

自己破産は認められるか、認められないのか、手続きをしてみないとわかりません。自己破産手続きをしたら必ず手続きが通ると考えている人もいるかもしれません。

消費者金融の利用状況によって自己破産が認められるか、認められないか決まるので、必ず認められると勘違いしないようにしましょう。

自己破産は無料ではない!必要に応じて費用が発生する

自己破産の手続きは無料でできると思っている人もいるかもしれませんが、自己破産手続きは無料ではできません。手続きをするためには費用がかかるので、手続きをするならば、まず費用を用意する必要もあります。

自己破産手続きをする時に財産を持っているか、持っていないのかで手続きにかかる費用が大きく変わってきます。費用が安いのは財産を持っている人です。

財産を持っている人は自己破産手続きにかかる費用は約1万3千円前後です。対して財産を持っていない人ですが、こちらはなんと安くて約21万円からです。高い人だと約51万円になる場合もあり、財産を持っている人に比べるとかなり多くの費用がかかってしまいます。

とはいえ自己破産手続きが必要な人というのはあまり自由に使えるお金がない人も多いと思うので、財産を持っている人でも1万3千円の費用は痛いといえます。手続きするだけでも大変だと思うので、自己破産をするならよう考えてから行うようにしましょう。

自己破産した時の影響!消費者金融の審査や家族に迷惑がかかる!?

  • 家族への影響がないか心配
  • 消費者金融などの審査への影響が心配

消費者金融で借入をしていて返済が不可能になり自己破産する時に、家族へ影響がないのか?お金を借入する時の審査に影響がないのか?心配だと不安になる人もいるのではないでしょうか。

まず家族への影響ですが、影響する場合もあれば影響しない場合もあります。

影響する場合ですが、例えば家族が借入契約時に「保証人」になっていると影響を与えることがあります。保証人になっていない場合はもちろん影響を与えることはありません。

もしも保証人が必要になる借入契約をする場合は、自己破産手続きする前に保証人の人と良く相談してから手続きをする必要があります。

また万が一保証人になってくれと言われた場合ですが、もしもお金を借入した人が自己破産などをしてしまうと自分自身にも関わってくるので、保証人を頼まれた場合はよく考えてから名義を貸すようにしましょう。

どんな影響があるのか?というと、例えば消費者金融と始め金融機関でお金を借入する時に受ける審査に通りにくくなってしまいます。保証人が関わってくる借入契約をする時は保証人の人に影響を与えてしまうので注意しましょう。

自己破産をしてしまうと消費者金融での借入は一生不可能なの?

自己破産をした後にお金が必要になることもあります。しかも自己破産をした人は、自己破産後も消費者金融などで借入しなければいけない状況になる人も多いです。

一度自己破産をした人はその後の借入は一生できない、と思いがちですがそうではなく、一度自己破産をした人でも借入することは可能です。

ただし、自己破産が認められてからすぐは借入することはできません。ではいつからまた借入ができるようになるのか?というと自己破産が認められてから5年から10年経過してからまた借入ができるようになります。

その間は借入することは絶対にできないので、5年から10年経つ前にお金が必要になった場合には、金融機関から借入することができないので注意しましょう。できるだけ無駄なお金を使わないようにし、借入が必要にならないようにお金の管理を行いましょう。

5年から10年経過して新たに借入をする場合は、再度審査を受けることもありますよね。そこで自己破産をした影響はあり、審査は慎重に行われ通りにくくなってしまうので覚えておきましょう。

自己破産をしたからと、一生お金を借りられないとか絶対に審査に通らないということはないので、お金が必要になったらよく考えて消費者金融などのローンに申し込みをしましょう。

自己破産は消費者金融の審査以外にも影響がある!

自己破産ですが、例えば消費者金融の借金が原因で自己破産をしたら、審査への影響は消費者金融だけ!と思う人もいるのではないでしょうか。

自己破産はそこまで甘いものではなく、消費者金融以外の審査にも影響を与えてしまいます。例えば銀行で借入をする場合の審査にも影響してしまいます。

さらに目的別のローン、例えば「自動車ローン」「住宅ローン」といったローンを組む場合の審査にも影響してきます。このように一度自己破産をしてしまうと、その後のお金の借入審査のほとんどに関わってくるので、自己破産はしないにこしたことはありません。

消費者金融や銀行で借入をする場合は自己破産にならないように、収支と収入のバランスを考えて利用して、自己破産しなくてはいけない状況にならないようにしましょう。

自己破産中でも借入できる!?中小消費者金融はリスクも大きい

自己破産中の借入についてですが、消費者金融の中には自己破産している人に積極的にお金を貸してくれるところがあります。消費者金融というと、例えば「アコム」とか「アイフル」といった大手をイメージするかもしれませんが、それ以外にも存在します。

大手以外だと中小消費者金融と呼ばれていて、こちらで自己破産の人に積極的にお金を貸しています。自己破産中にお金を借入したいという人は、中小消費者金融での借入を検討してみてはどうでしょうか。

ただし、中小消費者金融で借入する場合は、大手で借入する以上に慎重にならなくてはいけないので、注意点も覚えておきましょう。

中小消費者金融でも自己破産した人に必ずお金を貸すわけではない

中小消費者金融は自己破産した人にも積極的ですが、必ず借入ができるわけではありません。借入をする場合は審査もあるので、申し込みをする人によっては審査落ちになってしまう可能性もあります。

大手消費者金融と同様に申し込み条件があるので、申し込みをするなら最低限達成しておく必要もあります。最低限必要になるのは「20歳以上であること」「安定した収入があること」これが最低条件となります。

中小消費者金融によっては、これ以外にも条件がある場合もあるので、その都度確認する必要があります。中小消費者金融ならではの条件もあるので、もう押し込みをする場合は必ず確認しましょう。

中小消費者金融は地域密着型の場合が多い!

中小消費者金融は地域密着型の場合多く、その地に住んでいる人のみが貸付対象になっている場合が非常に多いです。そのため申し込みをするなら、条件を確認して地域が制限されていないのか確認しておく必要があります。

例えば東京のA市にある中小消費者金融があるとした場合、東京のA市内に住んでいる人が対象という感じです。中にはその市内に住んでいればOKという場合もあるので、消費者金融によっては必ずその市内に住んでいる必要はありません。

中小消費者金融は闇金である場合も多い!借入先はよく調べてから

中小消費者金融は闇金と呼ばれる違法な金融業者である場合も多いです。

中小消費者金融での借入を考えるならば、闇金ではないのか?という点が一番重要になります。

万が一違法と知らずに借入をしてしまうと借金に苦しめられてしまうことになります。闇金を利用すると以下のような影響があります。

  • 違法な利子
  • 違法な取り立て
  • 借入できない

闇金を利用すると違法な利子を取られてしまう可能性が高いです。正規の消費者金融なら金利は20%以上になることはないので、中小消費者金融を利用する場合は金利20%のところは闇金の可能性が高いと思った方が良いでしょう。

違法な取り立てというのは、借金返済をしなかった場合に毎日自宅まで直接人が来て借金の取り立てが来る事です。自宅に直接人が来て取り立てということは大手ではまずないことで、消費者金融を利用していて直接自宅まで取り立てが来るなら闇金と考えた方が良いです。

さらに中には申し込みだけさせておいて、お金を貸さないという業者もあります。この場合、相手に自分の住所や氏名だけ知られてしまい、それを悪利用されてしまう可能性が高いです。

覚えがない請求が来たり、勧誘メールがたくさん来たりなど身に覚えがない連絡が来るようになってしまいます。いずれにしろ闇金を利用してしまうと良い事は一つもないので、お金の借入が必要になって困っている場合でも闇金の利用だけはやめましょう。

消費者金融の借金が原因で自己破産したらその後にも注意が必要

自己破産した後にまた借入をすることは可能ですが、その後の借入については注意することがあります。消費者金融などで借入をしている人の中には、借金癖がついてしまっている人もいます。

ちょっとしたことでもすぐに借入をしてしまうという人は、まずはそこを見直しましょう。見直して直しておかないと新たに借入をしたとしてもまた自己破産する自体になってしまう可能性が非常に高いです。

また自分の収入と支出もよく見直しておく必要があります。よく見直して無駄のところはできるだけ減らして、自己破産後はできるだけ消費者金融などの借入をしないようにしましょう。

自己破産は最後の手段!手続きするならまずは相談してから

自己破産の手続き方法ですが、まずは弁護士に相談してみましょう。

弁護士とか専門の人に良く相談して、本当に自己破産をする必要があるのか相談しておきましょう。相談して自己破産手続きをするなら「介入通知」を金融業者に行ってもらい借金の返済を止めてもらいましょう。この通知をしないと、返済をそのまましなくてはいけなくなるので注意です。

次に通知をしたら必要な書類を用意したら、その書類をもとに自己破産を認められるか、認められないか判断してもらえるので、結果が出るまで待ちます。すでに紹介している通り短くて3か月、長くて1年で自己破産の結果がわかります。

自己破産の手続きをする場合ですが、専門の人に依頼をした方がスムーズです。専門の弁護士などに相談せずに自己破産手続きをすることもできますが、その場合は一人ですることが沢山あるのでかなり大変と言われています。

他にも相談することで消費者金融の利用の仕方を改めることもできるので、自己破産をしなくてはいけない状況になったら弁護士などに相談することをオススメします。

弁護士を探すときですが、この時にも注意が必要で中には悪質な弁護士の人もいるようです。最近はインターネットもあるので、評判とか情報をよく調べて悪質ではない弁護士の方に相談するようにしましょう。

新着記事
TOPICS